このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

城谷耕生 / シロタニ コウセイ (1968~2020年)

Kosei SHIROTANI

作家解説

昭和43年(1968) 長崎県雲仙市小浜町生まれ
平成2年(1990) ICSカレッジオブアート(東京)、インテリアデザイン科卒業
平成3年(1991) 渡伊。ISIA FIRENZE(イタリア国立工業芸術アカデミー)入学
平成4年(1992) 同校退学後、ミラノのデザイン事務所に勤務
平成7年(1995) 同地を拠点にフリーランスデザイナーとして活動を開始
同年ミラノにて、グランデザイン最優秀賞受賞(イタリア工業デザイン協会主催)
以降、ARBOS社(イタリア)、UP&UP(イタリア)、AURA COLLECTION(京都)のアートディレクターを務める
平成8年(1996) イタリアの建築雑誌『ABITARE』の編集協力員を務める(2005年まで)
平成12年(2000) 長崎県窯業技術センターの外部指導員を務める(2002年まで)
平成13年(2001) エンツォ・マーリ氏の助手として波佐見焼の染付け研究を行う
平成14年(2002) 雲仙市小浜町に拠点を移しSTUDIO SHIROTANIを設立
平成15年(2003) 自身のブランドKOSEIで磁器コレクション「TIPO」を発表
平成16年(2004) パークハイアット東京のオリジナルギフトコレクションをデザイン
同年NAGANO(福岡、ナガノインテリア工業株式会社)のアートディレクターとなる
平成18年(2006) CASSINA・IXC.(東京)のオリジナルテーブルウエアシリーズをデザイン
同年、別府(大分)の竹職人と小石原焼(福岡)の陶芸家グループの研究指導を開始
平成19年(2007) 「デザイン希望峰-清水久和/竹下洋子/城谷耕生の活動」展(長崎県美術館主催)開催

作品一覧
9件中1~9件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

パークハイアット東京ギフトコレクション (平成14年(2002))
PARK HYATT TOKYO Original gift collection
城谷耕生
SHIROTANI Kosei
素材・技法:磁器
セット点数:4点
VILLA グラス (2002(平成14)年)
Villa Glass
城谷耕生
Kosei SHIROTANI
素材・技法:ガラス
TIPOシリーズ (平成15年(2003))
TIPO
城谷耕生
SHIROTANI
素材・技法:磁器
セット点数:7点
フィンガーグラス (2003(平成15)年)
Finger glass
城谷耕生
Kosei SHIROTANI
素材・技法:ガラス
TIPO ガラスボール (平成15年(2003))
TIPO
城谷耕生
SHIROTANI Kosei
素材・技法:ガラス
セット点数:4点
GYOKU ペンダントランプ (平成15年(2003))
 
城谷耕生
SHIROTANI Kosei
素材・技法:磁器
セット点数:2点
POSA スツール/テーブル(2点) (2006(平成18)年)
POSA (Stool/Table)
城谷耕生
Kosei SHIROTANI
素材・技法:木
イクスシー・オリジナルテーブルウエア (平成18年(2006))
 
城谷耕生
SHIROTANI Kosei
素材・技法:木 磁器
セット点数:16点
APTENIA ブラケットランプ (2006(平成18)年)
Aptenia: Bracket lamp
城谷耕生
Kosei SHIROTANI
素材・技法:真竹、漆
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る