長崎県美術館

コレクション展

長崎県美術館は収蔵作品の大きな柱として、長崎ゆかりの美術とスペイン美術を掲げています。
常設展示室ではこれらの作品を年数回の展示替えにより随時ご紹介いたします。
(収蔵作品数:約8,000点)

常設展示室 第1室

【2020年度 新収蔵作品】渡辺(宮崎)与平《石膏デッサンNo.6》1906年、木炭・紙

収蔵名品展+2020年度新収蔵作品

開催期間:2022年01月28日(金) ~ 2022年04月10日(日)

常設展示室 第2室

栗原玉葉《瀬川菊之丞》 絹本着色

長崎ゆかりの日本画

開催期間:2022年01月28日(金) ~ 2022年04月10日(日)

常設展示室 第3室

作者不詳(スペイン)《聖アンデレ》 15世紀中頃、テンペラ・油彩/板 長崎県美術館

須磨コレクション3

開催期間:2021年12月14日(火) ~ 2022年04月24日(日)

常設展示室 第4室

《聖フェリッペ・デ・ヘスス》1958-62年

舟越保武―長崎26殉教者記念像のためのドローイング

開催期間:2021年11月24日(水) ~ 2022年02月13日(日)

常設展示室 第5室

スペイン近現代美術3

開催期間:2021年12月14日(火) ~ 2022年04月24日(日)

パティオ前

現在、登録はありません。

連続レクチャー:コレクション・イン・フォーカス

当館学芸員をはじめ専門家が主にコレクションをめぐって毎回さまざまなテーマで語ります
会場|ホール
時間|11:00~12:00 ※10月17日(日)は11:00~11:40
定員|30名程度 ※聴講無料 
※都合によりテーマが変更になる場合があります。

■2021年度今後のスケジュール

2021年9月5日(日) 独立美術協会と長崎の画家たち ※中止いたします
2021年10月17日(日) 清水久和のデザイン ※オンラインでの開催
2021年10月31日(日) 池野清の仕事 ※日程を変更しました
2021年11月14日(日) ヴェトゥイユー画家たちの「聖地巡礼」
2022年2月6日(日) アントニオ・ロペス《フランシスコ・カレテロ》について※中止いたします
2022年3月6日(日) 津上みゆきと「風景」

 

学芸員によるギャラリートークとアートボランティアによるギャラリートークは当分の間中止します。

コレクション展 観覧料金

一般 大学生 小中高生 シニア
(70歳以上)
備考
普通観覧料金 420円 310円 210円 310円
団体割引料金 340円 250円 170円 250円 15名以上

※県内在住の小・中学生は無料。

※学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料。

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証提示者及び介護者1名は無料。