長崎県美術館

コレクション展

城谷耕生のプロダクトデザイン―人と人のつながりから生まれる形―

概要

TIPOガラスボウル(2003)製作/島田真平 撮影/久高良治
会期 2020年11月27日(金) ~ 2021年01月11日(月・祝)
会場常設展示室 第2室

長崎県出身のデザイナー・城谷耕生(1968-)は、東京でデザインを学んだのち、1991年にイタリアに渡り、デザイナーとしてミラノを拠点に活動を始めました。2002年、STUDIO SHIROTANIを雲仙市小浜町に設立。この地に拠点を移して現在に至ります。
城谷は自身のデザインを、人目を引く新しい形を生みだすことではなく、「ものを作るという活動を通して人をつないでいく」ことだと語ります。例えば昔の人の知恵や技術を今の人に伝えること。地域文化の中で残すべきものは何かを、多くの人とリサーチすること。そうした「人同士のつながり」をまず作り、結果として形になったものが彼のプロダクトデザインであると説明できます。こうして生まれたプロダクト(例えば食器、照明、家具など)を並べてみると、実に様々です。しかし一貫して、あたかもものの「原型」を垣間見せるかのような不思議な美しさが一つ一つに宿っており、私たちの心を強く捉えることでしょう。
本展覧会では、当館が所蔵する作品に作家からの特別出品を加えた、プロダクトデザイン約80点をご紹介します。城谷耕生の多岐にわたる仕事の原点を見せてくれる作品群をお楽しみください。

関連企画

アーティストトーク

当館所蔵作品の制作背景を含む、城谷氏のこれまでの制作活動やプロジェクトの内容を、スライドを交えてお話しいただきます。

日時 12月5日(土)13:30-15:00(13:00開場)
会場 ホール
講師 城谷耕生
定員 50名(応募多数の場合は抽選)
参加費 無料(ただし要本展観覧券)
申込方法 長崎県美術館ウェブサイト「各種申込み」の入力フォームまたはハガキにてお申し込みください。ハガキには、参加者全員の①氏名(フリガナ)②年齢 ③郵便番号 ④住所 ⑤電話番号を明記ください。イベントは、急きょ中止になる場合がございます。必ず連絡がとれる電話番号を記載してください。

アーティストトークの申し込みフォームはこちら

宛先|〒850-0862 長崎市出島町2-1 
   長崎県美術館「城谷展アーティストトーク」係

※11月25日(水)までに当選者にのみ決定通知をお送りいたします。
※お客様の中から新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応に鑑み、予め座席を指定させていただきます。
申込締切 11月20日(金)必着
出張デザインマーケット

雲仙市小浜町を舞台に、城谷氏がキーパーソンとなり進めてきた「刈水エコヴィレッジ構想」。このプロジェクトに共鳴し、同地に移住した人々などが手掛ける恒例イベント「小浜デザインマーケット」を、当館を会場として出張開催します。

日時 12月6日(日)11:00-15:00 ※終了時間が16:30から15:00へ変更になりました。
会場 運河劇場付近
出店者(予定) 【クラフト】
刈水庵|生活雑貨
オクウンヒセラミックスタジオ|陶磁器
アイアカネ工房|藍染、草木染、藍のお茶
Tvattlina|北欧雑貨、テキスタイル
景色デザイン室|雑貨、古本
桑迫賢太郎|カレンダー、ポストカード

【フード】
カレーライフ|季節のスパイスカレー
小浜温泉珈琲焙煎所|自家焙煎コーヒー
nomi|ペルージャ風ミネストローネ
森酒店|ワイン
Villa del nido|島原・鳥田さんの子羊の煮込み
かんぽ|イカの墨煮
沖田製菓舗|どら焼き
田中たねの農園|種採り野菜
Pine tail Farm|ナチュラルチーズ

※出店者は変更になる場合があります