このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

各種イベント

講演会・コンサート年間スケジュール

詳細情報

名称 長崎県美術館 Music Art「ガブリエル・ビアンコ ギターリサイタル2018」
会場 ホール
期日 2018年6月3日(日)開場16:30 開演17:00
主催 長崎県美術館
概要 昨年9月に行われた初の日本ツアーで好評を博したギターの名手ガブリエル・ビアンコのギターリサイタルを開催します。プログラムはクラシックギターのレパートリーよりヨハン・セバスチャン・バッハ、アストル・ピアソラからホアキン・トゥリーナ・ペレスまで。ギターの本場とされるスペインの美術作品を多く所蔵する当館でクラシックギターの音色を奏でます。次世代を担う世界トップレベルのギタリストと豊かなくつろぎのひと時をお楽しみください!


日時:2018年6月3日(日)16:30開場/17:00開演
会場:長崎県美術館 ホール (全席自由150席)
料金:前売り 一般2,500円 大学生以下2,000円 
   ※整理番号なし、当日券は各500円増 
一般発売:4月7日(土)10:00~
プレイガイド:チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:109-792
       ローソンチケット0570-084-008(Lコード:83623)
       長崎県美術館

[Gabriel Bianco ガブリエル・ビアンコ]
1988年フランス、パリに生まれ、パリ国立高等音楽院を最優秀で卒業。その後、逞しく艶やかな音色と高度な音楽性に根ざした完璧なテクニックで古典派やスペイン音楽はもとより近代や現代の作品まで多様なレパートリーを弾きこなし、コブレンツ国際ギターコンクール(ドイツ、2007)GFA国際ギターコンクール(アメリカ、2008)など世界最高峰のコンクールで次々に優勝。鮮烈なデビューを飾る。その後は演奏家としてのキャリアを積み、数々の国際ギターフェスティバルに招待されている。室内楽でも高い評価を受けており、プラード・カザルス音楽祭、チャイコフスキーホールなどこれまでに36ヶ国以上で演奏をしている。現代の名器グレッグ・スモールマンから自由自在に操り紡ぎ出される優雅な音色、そして知的な音楽解釈に基づいた独自の演奏スタイルからも間違いなく世界トップレベルのギタリストの来日に自然と期待が高まる。


共催|エフエム長崎
後援|長崎県音楽連盟、長崎日仏協会
協力|アンスティチュ・フランセ九州

画像/©Eve Dufaud
関連リンク
ダウンロード

一覧ページへ戻る