長崎県美術館

コレクション展

長崎の美術7 池野清展

概要

《鳩笛たち》1959年 長崎県美術館
会期 2021年08月06日(金) ~ 2022年01月23日(日)
開館時間10:00~20:00(1/2,3は10:00~18:00)※最終入場は閉館30分前まで
休館日第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1
会場常設展示室 第1室

 戦後の長崎で詩情豊かな作品を描いた洋画家・池野清(1913-1960)の回顧展を開催します。
 戦前から独立展と地元の美術展で作品を発表していた池野は、1945年8月9日の原爆投下後、爆心地付近に入り被爆。戦後は、後遺障害と闘いながら独立展会友として静物や人物を題材に制作を続け、長崎の美術振興にも貢献しますが、1960年に47才で世を去りました。
 池野の没後、友人であった長崎市出身の作家・佐多稲子(1904-1998)は、長編小説『樹影』(講談社、1972年刊)などに池野をモデルとした主要人物を登場させ、その生と死を、理不尽な暴力への静かな怒りと哀惜を込めて描写しました。そこには、フォルムと色彩を極限までそぎ落とした遺作《木立》と《樹骨》(いずれも第28回独立展出品)も象徴的に登場します。こうして池野の存在は一部でよく知られることになりますが、その生涯や画業の全貌はつまびらかではなく、所在が確認されている作品も多くありません。
 長崎県美術館では、開館以来、池野の小規模な展示を二度(2013年と2016年)行い、調査研究を進めながら収集を重ねてきました。本展は、その成果として開催するもので、約30点の油彩やドローイングによって画業の一端を明らかにしようとする試みです。

※当初2021年11月7日(日)までとしていた会期を、2022年1月23日(日)までに延長いたします。

作品紹介

関連企画

レクチャー「池野清の仕事」(コレクション・イン・フォーカス第4回)

日時 10月31日(日)11:00~12:00

2021年8月22日(日)に開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、10月31日(日)に日程を変更して実施いたします。
会場 ホール
講師 福満葉子(長崎県美術館 学芸専門監)
定員 30名程度 ◎当日受付、聴講無料

基本情報

観覧料
一般420(340)円
大学生・70歳以上310(250)円
小中高生210(170)円 ※県内在住の小・中学生は無料

◎( )内は15名以上の団体料金。◎学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料。◎身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証提示者及び介護者1名は無料。

主催等
主催長崎県、長崎県美術館
後援長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、NHK長崎放送局、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎
助成公益財団法人ポーラ美術振興財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団