長崎県美術館

企画展

長崎県美術館・三重県立美術館コレクション 果てなきスペイン美術―拓かれる表現の地平

企画展概要

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《アレクサンドリアの聖カタリナ》1645-50年頃、油彩・カンヴァス、三重県立美術館
会期 2024年05月22日(水) ~ 2024年07月07日(日)
開館時間10:00~20:00(最終入場19:30)
休館日5月27日(月)、6月10日(月)、24日(月)
会場長崎県美術館 企画展示室

長崎県美・三重県美のスペイン美術コレクションが集結!中世から現代にいたる精華を紹介

 長崎県美術館と三重県立美術館が共同してスペイン美術の展覧会を開催します。両館は国内では数少ない、スペイン美術の収集と展示を標榜する美術館であり、本展では、互いのコレクションから相補的に作品を選りすぐり、未だ日本国内で広く浸透していないスペイン美術の特徴を捉え、その魅力に迫ります。
 長崎県美術館は、第二次世界大戦期にスペイン・マドリードに特命全権公使として駐在した外交官の須磨彌吉郎が現地で収集したいわゆる「須磨コレクション」を軸に、中世から現代に至るまでのスペイン美術作品を多数収蔵しています。対して三重県立美術館は、バルトロメ・エステバン・ムリーリョやフランシスコ・デ・ゴヤといったオールド・マスターの油彩画作品を筆頭に、三重県とスペイン・バレンシア州との姉妹提携をきっかけに収蔵されたバレンシアの現代作家らによる作品群を加えて独自のスペイン美術コレクションが形成されています。
 古来、スペインでは豊かな芸術文化が育まれ、独自の美術史が編まれてきました。しかし、これまで日本国内ではゴヤ、パブロ・ピカソ、ジュアン・ミロ、サルバドール・ダリといったスペイン出身の巨匠ら個人に専ら焦点が当てられ、中世から現代にいたるスペイン美術史を紹介することに主眼を置いた展覧会はほとんどなかったといえます。そこで本企画では、両館が誇るコレクションを結集してスペイン美術の精華を伝えることを目指します。また、「神秘」や「光と影」といった同国の美術史を読み解くためのキーワードによって各章を構成し、スペイン美術の入門編として100点を超える出品作品からその幅広い魅力を伝えます。本展は果てしないスペイン美術の歴史を辿るとともに、これからのスペイン美術の歩みを考えるまたとない機会となるでしょう。


【展示構成】
第1章|宗教—神秘なるものへの志向
ユダヤ教やイスラム教、そしてキリスト教など複数の宗教が共存した歴史を持つスペインにおいて、宗教は芸術文化と強く結びついています。本章ではそのなかでも長い伝統があり、今なお広く信仰されているキリスト教に着目し、スペインの芸術文化の底流にある精神的なものへのまなざしを探ります。


フアン・カレーニョ・デ・ミランダ《聖アンナ、聖ヨアキム、洗礼者聖ヨハネのいる聖母子》
1646-55年頃 油彩・カンヴァス 長崎県美術館


第2章|現実なるものへの視線
スペイン美術を端的に形容する際、往々にして自然主義あるいは現実主義といった言葉が用いられてきました。本章では「現実なるもの」をキーワードに据え、19世紀末以降のスペインの芸術家たちがそれぞれいかにして現実に向き合い、その結果どのような作品を残してきたのかに迫ります。


パブロ・ピカソ《ロマの女》
1900年 パステル、油彩・厚紙 三重県立美術館 


サルバドール・ダリ《パッラーディオのタリア柱廊》
1937-38年 油彩・カンヴァス 三重県立美術館 


第3章|場と空間
作品を取り巻く周囲の空間、あるいは画面上でモティーフが表されていない箇所、これらは一見すると何もない空間に見えますが、決して意味のない空間ではありません。本章では、チリーダの版画作品や現代スペイン作家たちのインスタレーション作品からスペイン美術に見られる空間に対する感受性を探ります。


ミケル・ナバーロ《歩哨都市》
1993-97年 アルミニウム、亜鉛 三重県立美術館 


ホセ・マリア・シシリア《衝立 小さな花々 Ⅴ》
1998年 油彩、蜜蝋・板 三重県立美術館 


第4章|光と影
現在に至るまでのスペイン史をひもとけば、スペイン帝国の栄華と衰退や国内外での度重なる戦争に顕著なように、そこには光と影のごとき両面性が横たわっていることが見えてくるでしょう。芸術世界においても社会の明と暗に対峙するなかで、光や影をテーマに制作を深めた作家たちがいました。ここではゴヤを筆頭にそうした芸術家たちの仕事の一端に迫ります。


フランシスコ・デ・ゴヤ《夜が明けたら出かけよう》『ロス・カプリーチョス』71番 
1797-99(1799年刊) エッチング、アクアティント、バーニッシャー、エングレーヴィング・簀目紙 長崎県美術館


第5章|伝統と革新
現代まで続く長いスペイン美術史において、様々なスペイン人芸術家たちが各々の生きた時代のなかで自らの美学や芸術表現を追求し、唯一無二の作品を作り上げてきました。本章では「人物像」と「静物」という伝統的な主題の表現と素材・技法に着目し、近世から現代にいたるスペイン美術史における伝統の継承と革新を探るとともに、スペイン美術のこれからの歩みを考えます。
 

フランシスコ・デ・ゴヤ《アルベルト・フォラステールの肖像》
1804年頃 油彩・カンヴァス 三重県立美術館


ルイ=ミシェル・ヴァン・ローと工房《バルバラ・デ・ブラガンサ》
1750年頃 油彩・カンヴァス 長崎県美術館


パブロ・ピカソ《鳩のある静物》
1941年 油彩・カンヴァス 長崎県美術館 

関連企画

特別講演「三重県立美術館とスペイン美術―ムリーリョからバレンシア現代作家たち」 *当日受付、手話通訳・要約筆記つき

日時 5月25日(土)14:00~15:30(13:30開場)
講師 坂本龍太(三重県立美術館学芸員)
会場 ホール
定員 先着100名
料金 無料(要本展観覧券)
担当学芸員によるギャラリートーク *当日受付、6月9日は手話通訳つき

日時 5月26日(日)、6月9日(日)、6月30日(日)11:00~12:00
会場 企画展示室
定員 各回先着20名程度
料金 無料(要本展観覧券)
筆談おしゃべり鑑賞会「スペインびじゅつってなんだ?」 *事前申込制、手話通訳つき

作品をじっくり見て、気づいたこと・考えたことをどんどん書き出していく鑑賞会。 手話も声も使わない、文字でのおしゃべりを通してスペイン美術の魅力を探りましょう。

日時 6月23日(日)①10:00~12:30 ②15:00~17:30
講師 小笠原新也(耳の聞こえない鑑賞案内人)
会場 企画展示室、アトリエ
対象 小学生以上(耳の聞こえる/聞こえない/聞こえにくい方どなたでも)
定員 各回6名
料金 無料(要本展観覧券)
申込方法 各種申込はこちら>>
申込締切 6月9日(日)
※応募多数の場合は抽選
※6月13日(木)までに抽選結果をメールにてお知らせいたします。

基本情報

観覧料
一般1,200(1,000)円
大学生・70歳以上1,000(800)円
高校生以下無料

※( )内は前売りおよび15名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額
※※前売券販売期間:4月27日(土)~5月21日(火)
※会期中本展観覧券でコレクション展にも入場できます。

前売券取扱い店

チケットぴあ(Pコード686-921)
ローソンチケット(Lコード84605)
セブンチケット(セブン-イレブン)
CNプレイガイド(ファミリーマート)
イープラス(https://eplus.jp/
好文堂書店
紀伊國屋書店 長崎店
メトロ書店 長崎本店
くさの書店チトセピア店
長崎県美術館

主催等
主催長崎県、長崎県美術館
後援スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京、在福岡スペイン国名誉領事館、長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社、 毎日新聞社、読売新聞西部本社、NHK長崎放送局、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、 NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎
助成芸術文化振興基金、(公財)長崎バス観光開発振興基金
企画協力株式会社キュレイターズ