このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作品検索

作品詳細

ドン・ミゲル・イラリオン・エスラバ ( 1841年)

Don Miguel Hilarion Eslava 出品履歴

フランシスコ・ハビエル・デ・ウルティア Francisco Javier de URRUTIA
作品解説
  ハビエル・デ・ウルティアは、19世紀スペインの画家・著述家。独学で肖像画家となった人です。この《ドン・ミゲル・イラリオン・エスラバ》のモデルは、聖職者であり作曲家としても知られた人物。彼が楽譜を前に、作曲をしている姿を描いたものです。背景左には竪琴のレリーフが見えますが、これもまた音楽を暗示するモティーフです。この絵が描かれた年、モデルの作曲家は、イタリア風のオペラ『孤独者(Il Sorlitario)』を作曲しました。画面手前に見える小冊子には、そのオペラの題名が見えます。  
作品詳細
素材・技法 油彩・カンヴァス
素材・技法(英文) Oil on canvas
サイズ 93.8×83.3cm
コレクション名 須磨コレクション
備考 須磨No.1449(41)
関連収蔵資料
図書
資料

前のページへ戻る