このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作品検索

作品詳細

フェルナンド7世の肖像 ( 1828年)

Portrait of Ferdinand VII 出品履歴

ルイス・デ・ラ・クルス・イ・リオス Luis de la CRUZ Y RÍOS
作品解説
  フェルナンド7世(在位1808年、1814-33年)は、カルロス4世の子。1808年3月のアランフエス暴動の結果一時的に王位に就くが、ナポレオンの圧力により退位を余儀なくされ、フランスで幽閉生活を送る。スペイン独立戦争(1808-14年)終結後に帰国して復位した後は、絶対主義君主として反動的な専制政治を行った。なお、プラド美術館の開館(1819年)は、この王の治下のことである。
 この作品は、正装したフェルナンド7世の豪奢な全身像である。王は、アーミン(白貂)の毛皮と金の刺繍をあしらった真紅のマントを身につけている。胸には王位の象徴である金羊毛勲章とカルロス三世騎士団の勲章をつけ、マントの下には同騎士団の青と白のサッシュが覗いている。右手に持った金色の王笏には、スペイン王家を示す城(カスティーリャ王国)、ライオン(レオン王国)、百合の花(ブルボン家)の意匠が施されており、その下の椅子には王冠が置かれている。右側の玉座の背には、王のイニシャルである「F7」という文字が、月桂樹の葉と百合の花の意匠に取り囲まれて刺繍されている。ビロードや毛皮、金糸の質感表現は極めて巧みで、深紅と深緑、純白のコントラストも鮮やかだ。端整な新古典主義様式で描かれたこの肖像画は、王に対する作者の忠誠心をよく物語っている。
 
作品詳細
素材・技法 油彩・カンヴァス
素材・技法(英文) Oil on canvas
サイズ 250×166.5cm
コレクション名 須磨コレクション
備考 須磨No.635
関連収蔵資料
図書
資料

前のページへ戻る