このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

フアン・カレーニョ・デ・ミランダ / フアン・カレーニョ・デ・ミランダ (1614~1685年)

Juan CARREÑO DE MIRANDA

作家解説

17世紀後半のマドリード画壇を代表する画家。1614年、画家の息子としてスペイン北部のアビレスで生まれ、10歳の頃にマドリードに上京、絵画の修業を始めた。1640年代後半には独立して制作を行い、恐らくベラスケスの推薦もあって1658年にはアルカサル(王宮)の壁画装飾に参加(消失)。1669年にカルロス2世の王付き画家、71年に宮廷画家に任命。その後はとりわけ肖像画家として活躍し、カルロス2世やその母マリアナ・デ・アウストリアを始めとする王室の面々、また高位の貴族の肖像を数多く残した。カレーニョは17世紀後半のスペインの画家の常として、ルーベンスやティツィアーノに範を取った壮麗でダイナミックなバロック様式に手を染めたが、むしろファン・ダイクから大きな影響を受けた。肖像画、宗教画どちらにおいても、その適度に節制された構図と優雅さと気品を備えた色彩によって、他の画家と区別される。画業の初期と後期には宗教画も数多く制作しており、またフレスコ画も手掛けるなど、多彩な才能の持ち主であった。

作品一覧
1件中1~1件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

聖アンナ、聖ヨアキム、洗礼者聖ヨハネのいる聖母子 (1646-55年頃)
Holy Family with St Anne, St Joachim, and St John the Baptist
フアン・カレーニョ・デ・ミランダ(1614年~1685年)
Juan CARREÑO DE MIRANDA
素材・技法:油彩・カンヴァス
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る