このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

ホセ・マリア・シシリア / ホセ・マリア・シシリア (1954年~)

José María SICILIA

作家解説

1975-79年、マドリードの王立サン・フェルナンド美術学校に学ぶ。1980年、パリに移住。80年代前半に画家としての活動を開始。当時の国際的な新表現主義の流れに位置づけられる作品により、ミケル・バルセロとともにスペインにおける新世代の旗手として注目を集めた。1989年、スペイン文化省から国民美術賞を授与される。1990年頃から蜜蠟の層に日常的な事物のイメージを閉じ込めた作品を制作。1990年代半ばには蜜蠟の支持体に油彩で花を描いた連作に着手し、このシリーズで国際的な人気を獲得した。1997年にはマドリードのレイナ・ソフィア芸術センターで個展が開催された。2000年代後半には、画面一杯にクローズアップされた蝶の翅を描いた「日蝕」シリーズを開始。近年は和紙を支持体とするドローイングにも力を注ぎ、また映像作品も手がける。現在はパリとマヨルカ島ソイェールを拠点に制作している。

作品一覧
2件中1~2件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

消えゆく光 (2002年)
The Light That Failed
ホセ・マリア・シシリア
José María SICILIA
素材・技法:油彩、蜜蝋・板
消えゆく光 (2004年)
The Light That Failed
ホセ・マリア・シシリア
José María SICILIA
素材・技法:油彩、蜜蝋・板
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る