このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

アントニオ・ムラド / ムラド (1964年~)

Antonio MURADO

作家解説

ムラドはスペインに生まれ、サラマンカ大学で美術を学んだ後、各地で個展・グループ展を開催。1997年ニューヨークに移住し、現在も同地で制作を続けている。
1964年  スペインのルゴに生まれる
1987年 Joan Navarro Baldewegの現代美術のアトリエに参加(美術サークル、マドリッド)
サルガデロス・ギャラリー(サンティアゴ・デ・コンポステラ)で初個展開催
1988年  サラマンカ大学(美術専攻)卒業
1989年  「若い芸術の標本(Muestra de Arte Joven)」展(スペイン現代美術館)出品
1989-90年 「萌芽5」(サン・ピエール美術館、リヨン/Frauenmuseum、ボン)出品
1992年 「提案92」(美術サークル、マドリッド)出品
1995年  「大西洋の向こう側(TRANSATLANTICA)」(アレハンドロ・オテロ美術館、カラカス、ベネズエラ)出品
1997年  妻子と共にニューヨークに移住する
1998年  ノースダコタ美術館(グランドフォークス、アメリカ)に出品
2003年 レイナ・ソフィア芸術センターに出品
Landeskunstmuseum(ザクセン―アンハルト州、ドイツ)出品
2004年 「アラニェイラへ. (A Arañeira.)コレクション」(CGAC、サンティアゴ・デ・コンポステラ)出品
「100のイメージ-ネルーダをめぐるチリとスペインの画家たち」展
(カーサ・デ・アメリカ、マドリッド)出品

作品一覧
1件中1~1件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

ディプティック (赤と灰色) (2002年)
Diptych(red and grey)
アントニオ・ムラド
Antonio MURADO
素材・技法:ワックス、ニス、油彩・カンヴァス
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る