このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

ホセ・グティエレス・ソラーナ / ソラーナ (1886~1945年)

José Gutiérrez SOLANA

作家解説

20世紀前半のスペインを代表する画家。スペイン・バロックの巨匠バルデス・レアルやゴヤの系譜に連なる、グロテスクで幻想的な作品を描いた。1900年から1904年までマドリードのサン・フェルナンド美術学校に学ぶが、実質的にはほぼ独学で画家となる。1903年頃から通い始めたヌエボ・カフェ・デ・レバンテで「98年組」の作家たちと知り合い、彼らのアイロニーや諷刺性を学んだことは、彼の芸術の形成に大きな影響を与えた。1904年に全国美術展に初出品して以来、同展にはほぼ毎年出品。1920年代以後は、国内外の個展・グループ展に多数出品し受賞している。マドリードを拠点に活動したが、1937年から1939年までは市民戦争を避けてパリに住み、その間、パリのガゼット・デ・ボザール誌がソラーナ展を開催している。1919年にはビルバオ美術館、ブエノスアイレス美術館が作品を購入するなど、比較的早くから国内外で評価を受けたといえる。彼が好んで取り上げたのは、キリストの受難や「死の舞踏」のような伝統的な主題、あるいは貧困、売春、アルコール中毒、闘牛、カーニヴァルといった同時代の風俗的な主題である。そうした主題を、黒と褐色を基調とした暗鬱な色彩、荒々しいタッチ、厚く盛り上げた絵の具で描き出した彼の作品には、死のイメージと祝祭の雰囲気、不気味さと滑稽さが同居している。

作品一覧
5件中1~5件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

軽業師たち (1930年)
Equilibrists
ホセ・グティエレス・ソラーナ
José Gutiérrez SOLANA
素材・技法:油彩・カンヴァス
アスファルト作業員 (1930年)
Men Laying Asphalt
ホセ・グティエレス・ソラーナ
José Gutiérrez SOLANA
素材・技法:油彩・カンヴァス
仮面たち (1940年頃)
Masks
ホセ・グティエレス・ソラーナ
José Gutiérrez SOLANA
素材・技法:油彩・カンヴァス
死神と仮面 (1940年頃)
The Death and the Masks
ホセ・グティエレス・ソラーナ
José Gutiérrez SOLANA
素材・技法:油彩・カンヴァス
二人の仮面 (1940年頃)
Dos mascaras
ホセ・グティエレス・ソラーナ
José Gutiérrez SOLANA
素材・技法:エッチング・紙
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る