このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作家検索

作家詳細

小堀進 / コボリ ススム (1904~1975年)

Susumu KOBORI

作家解説

明治37年  茨城県行方郡に生まれた。
大正12年 (1923 )上京して葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に洋画の基礎を学んだが、終始一貫して水彩画家として活躍した。
昭和9年 (1934 )第21回日本水彩展でキング賞受賞して会員に推挙される。
昭和11年 (1936 )第13回白日会展で新会員となる。
昭和15年(1940)5月には洋画界のなかに占める水彩画の位置の不安定なことなどから荒谷直之介、春日部たすくなどと水彩連盟を結成し、以後水彩画の発展活動に中軸的な役割を荷った。
昭和32年(1957)日展が改組され社団法人となるとその評議員となった。
昭和44年 (1969 )再改組日展理事に就任、この改組日展第1回展の出品作「初秋」により第26回日本芸術院賞受賞
昭和45年 (1970 )以来名古屋芸術大学に勤める
昭和49年 (1974 )水彩画家として初めて日本芸術院会員に選ばれる。

作品一覧
1件中1~1件表示

サムネイルをクリックすると、詳細情報を表示します。

グラバー邸 (1955(昭和30)年)
 
小堀進
Susumu KOBORI
素材・技法:水彩・紙
前の20件    1    次の20件

前のページへ戻る