長崎県美術館

コレクション展

長崎開港450周年記念 長崎港をめぐる物語

概要

山下清《長崎風景》1963年 十八親和銀行蔵 ©山下清作品管理事務所
会期 2021年04月07日(水) ~ 2021年06月13日(日)
会場常設展示室 第1・2室
主催長崎県、長崎県美術館
協力長崎県菓子工業組合
特別協力船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」

2021 年に開港 450 周年の節目を迎える長崎港。本展では、長崎港を描いた風景画や開港以後の砂糖文化の発展を支えてきた長崎の菓子型の展示を通して港の多彩な魅力をご紹介します。会期中には、アーティスト・島袋道浩による港にちなんだアートイベントも開催。港をめぐる美術の物語をお楽しみください。

①港のすがた(常設展示室第1室)
明治期以降現代に至るまでに長崎港をモチーフとした絵画作品を一堂に展示します。特に戦後は、長崎の異国情緒あふれる風景に魅せられて、中央の画家たちがこぞって長崎を訪れ絵画制作を行いました。それは一つのブームとなり、昭和39年に海外旅行が自由化されるまで続きました。本章では明治以降現代までに描かれた長崎港の姿を特集することにより、その時代の画家の視線に注目します。

②長崎の菓子型(常設展示室第2室)
海を通して外国文化が流入し、「シュガーロード」とも呼ばれる長崎街道の西の起点であった長崎市の菓子に注目し、その「菓子型」を集めて展示します。長崎ならではの和菓子(金花糖、口砂香、ぬくめ細工など)や中華菓子(月餅)の文化を支えてきた菓子型の数々をご紹介します。菓子型の美しさや多様性は、身近な「港」が私たちの生活にもたらしてくれる豊かな恩恵についてあらためて気づかせてくれることでしょう。

https://uminomanabi.com/

作品紹介

関連企画

象が海からやってくる

江戸時代、時の将軍徳川吉宗に献上するために連れてこられた2頭の象は、長崎に上陸し、江戸城までの道すがら、多くの驚きとともに人々に迎えられました。世界的に活躍するアーティスト・島袋道浩の手によって、象の物語がいま、よみがえります。
※日時・参加方法については後日、本ページにてお知らせします

 佐賀でのイベント時の写真

象の展示 7月13日(火)~9月12日(日)