このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作品検索

出品履歴

孔雀図 ( 1920年)

Peacock 作品詳細

荒木十畝 Jippo ARAKI
作品解説
  箱書より本作が大正9年5月に描かれたものということが分かる。48歳を迎えたこの年は、十畝が帝展の審査員に任命された年であり、日本画界の重鎮になりつつあった頃である。伝統的画法に基いた力強い岩の表現と優美さを備えた色鮮やかな孔雀を取り混ぜるという、画面上における折衷的な表現を十畝は得意とした。また足下の赤い花がアクセントとなって効果的に画面全体を引き締めていることからも、十畝の画面構成に対する綿密な配慮がうかがえる。
 
展覧会名 会期 会場
現在登録されていません

前のページへ戻る