このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして下さい。

長崎県美術館

所蔵品検索

作品検索

作品詳細

葛の葉 ( 1922(大正11)年)

Lady Kuzunoha 出品履歴

栗原玉葉 Gyokuyo KURIHARA
作品解説
  長崎県雲仙市出身の日本画家・栗原玉葉による美人画。1922(大正11)年の平和記念東京博覧会(上野公園)に出品された作品。「葛の葉」は、浄瑠璃や歌舞伎の演目で、「蘆屋(あしや)道(どう)満(まん)大内(おおうち)鑑(かがみ)」とも称される。狐を助けた安倍保名(やすな)のところにやってきた女性「葛の葉」の物語で、後にその女性が信太(しのだ)の白狐であることが判明し、別れの時をむかえるという話。その二人の間に生まれた子は、安倍晴明であるとの伝承がある。画面の背景には、秋の草花である女郎花と萩が、また女性の着物には葛の花が描かれている。帯には、「恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」という、狐が別れ際に詠んだという歌と思われる文字が描きこまれている。本作品の成立について、長崎の郷土史家・林源吉は、1919(大正8)年に歿した玉葉の師である日本画家・寺崎廣業との死別に対する想いを込めたものとしている。玉葉は作品に制作年を記すことがなく、画風の変遷については、文展などの展覧会出品作品を手がかりとするしかないが、それらを見ていくと、初期においては繊細な少女や童女の姿を描いた作品であったのが、次第に「お夏狂乱」や「清姫物語」などの歌舞伎や義太夫などをモティーフとする女性の情念を描き出す作品へと変化を見せていった。本作品についても、そうした玉葉晩年の作品のひとつであり、離別の深い悲しみの表情を描き出した作品となっている。
本作品は、ながらく広島高等師範学校教授を務めていた玉葉の兄・源治が所蔵していたもので、のちに兄が退官後に居を構えていた由布院の地にある旅館に譲られた。また本作品の構想図が長崎歴史文化博物館に所蔵されている。落款「玉葉」、印章「王葉印」(朱文方印)
 
作品詳細
素材・技法 絹本着彩
素材・技法(英文)  
サイズ 175×83cm
コレクション名  
備考 栗原家旧蔵
関連収蔵資料
図書
資料

前のページへ戻る