長崎県美術館

企画展

没後20年 特別展 星野道夫の旅

企画展概要

氷上でくつろぐホッキョクグマ  撮影:星野道夫
会期 2017年07月12日(水) ~ 2017年08月02日(水)
開館時間10:00~20:00*最終日は18:00まで (入場は閉場の30分前まで)
休館日7月24日(月)
会場県民ギャラリー

星野道夫が愛した極北の世界を一堂に公開

テレビ番組の取材中にロシア・カムチャツカ半島での事故によって写真家・星野道夫(1952-1996)が亡くなってから21年という月日が流れました。
星野は、1978年以後、18年間にわたりアラスカの大自然や人々の営みを写真に収め続けました。過酷な自然に適応し、生を謳歌する生き物たちの姿や、ともに生きる人々を捉えた写真は、私たちが忘れかけている大切なものをふと思い出させてくれます。また現地の人々との交流やアラスカの地に根付く神話の世界観を収めた一連の写真からは、自然と人間との調和を生き抜くアラスカの人々の逞(たくま)しさがあふれ出ています。
本展では、約250点の写真、その他愛用品や映像資料により、偉大な写真家の仕事を紹介します。

関連ホームページ

本展公式サイト

星野道夫(ほしの・みちお 1952-1996)
カリブーの季節移動を待つ星野道夫

写真家。1952年9月27日千葉県市川市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、アラスカ大学野生動物管理学部へ入学。以後、アラスカを生活の基礎にして撮影・執筆活動をする。『アニマ』『週刊朝日』『マザー・ネイチャーズ』『家庭画報』『たくさんのふしぎ』など多くの国内誌をはじめ『National Geographic』『Audubon』など海外の雑誌にも作品を発表。第3回アニマ賞、第15回木村伊兵衛写真賞を受賞。96年8月8日、ロシア・カムチャツカ半島での取材中、ヒグマの事故により急逝。享年43歳。

作品紹介

基本情報

観覧料
一般1,000(800)円
大学生・70歳以上800(600)円
高校生600(400)円
中学生以下無料

◎( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金。
◎前売券の販売は6月12日(月)~7月11日(火)。
◎障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。

前売券取扱い店

チケットぴあ(Pコード768-412)[浜屋プレイガイド、みらい長崎ココウォーク他]
ローソンチケット(Lコード82470)
イープラス(ファミリーマート他)
セブンチケット(セブン‐イレブン)http://7ticket.jp
紀伊國屋書店長崎店(ゆめタウン夢彩都内)
メトロ書店本店(アミュプラザ長崎内)
くさの書店(西友道の尾店内)
東美ほか

主催等
主催長崎県美術館、NCC長崎文化放送、朝日新聞社
特別協力星野道夫事務所
協力富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
後援長崎県、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎県立長崎図書館、
長崎市立図書館、長崎新聞社、NHK長崎放送局、長崎ケーブルメディア、
エフエム長崎