長崎県美術館

企画展

テクテクテクネー:技法でひらく想像世界

企画展概要

会期 2022年04月09日(土) ~ 2022年06月05日(日)
開館時間10:00~20:00(最終入場19:30)
休館日4月11日(月)、25日(月)、5月9日(月)、23日(月)
会場長崎県美術館 企画展示室

この作品は何を使って、どのようにできているのだろう?—芸術作品の制作に用いられた素材や技法について思いを巡らせることは鑑賞体験にさらなる深みをもたらすはずです。本展では制作の過程や方法に焦点を当て、一つ一つの作品を形づくる表現の特質に迫ります。展覧会のタイトルにある「テクテクテクネー」の名の通り、テクテクと展示室を歩んでいくと、多彩なテクニックとテクスチャーからなる作品が待っています。そもそも、作品は様々な技法やそれにまつわる知識(テクネー)の賜物ともいえるのです。
 会場では当館のコレクションを軸に、絵画・版画・写真・彫刻など多様なジャンルの作品を「顔」「花」「水」「音」「黒」のテーマに沿って紹介。身近な存在から抽象的なものへと視野を移しつつ、想像力を自由に羽ばたかせていく体験の場となるでしょう。

■展示構成
1.顔:出会いのかたち

私たちにとって顔は「わたし/だれか」を認識するためのかたちであると同時に、感情を映し出すコミュニケーションの基盤でもあります。
芸術家たちが様々な技法で表現した「だれか」に出会うことから、展覧会の幕が開きます。

2.花:作品に咲く華
四季折々に咲く花は古くから人々の心をひきつけてやまない、最も身近な自然の一つです。本章では花を主題とした作品群を紹介します。技法の観点から作品を見つめなおせば、それぞれの「花」に息づく表現の独創性や醍醐味がより深く感じられるはずです。

3.水:循環するエネルギー
海、雲、そして大気。水はたえず循環し、私たちの暮らしとともにあります。常にかたちを変えつづける水のすがたをとらえるべく、芸術家たちが生み出した多彩な表現は、普段何気なく身の回りに存在している水がもつエネルギーに改めて気づかせてくれるでしょう。

4. 音:想像の美
語りやしらべ、あるいは自然が生み出す音色の数々は造形芸術に対しても古今東西を問わず、無数のインスピレーションを与えてきました。音と深いつながりを持つ作品を前に耳をすませてみれば、それぞれの表現に込められた内なる音に出会えるでしょう。

5.黒:色のなかの色
芸術史上、黒色には特別な地位が与えられてきました。この色は、時に恐怖や不安を想起させる一方、どこか奥ゆかしく魅惑的でもあります。黒を基調とした数々の作品が湛える幽玄な芸術世界をお楽しみください。

作品紹介

関連企画

オープニング・レクチャー *当日受付

本展の担当学芸員が展覧会の見どころや出品作品についてたっぷりと語ります。これを聞けば、より深く展覧会を楽しめること間違いなし!

日時 4月10日(日)11:00~12:00(10:30開場)
登壇者 稲葉友汰、松久保修平(当館学芸員)
場所 ホール
対象 どなたでも(内容は中学生以上向け)
定員 先着30名
参加費 無料
ギャラリーツアー「テクテクミュージアムツアー」 *当日受付

当館エデュケーターと一緒に、展示室・屋上・バックヤードなど、美術館のいろんなところをテクテク歩いてまわるツアーです。はじめて来館される方も大歓迎!みんなで一緒に美術館を探検しよう!

日時 4月9日(土)、4月23日(土)、6月4日(土)13:30~14:30
※各回開始10分前に企画展示室入口前へお越しください。
場所 企画展示室、館内各所
対象 どなたでも(小学生未満は保護者同伴)
定員 各回先着15名程度
参加費 無料(要本展観覧券)
ギャラリーツアー「テクテクトーク」

本展の担当学芸員が、作品の魅力を紹介しながら展示室内をご案内します。作品解説はもちろん、ここでしか聞けない本展の裏話も飛び出すかも…?

日時 4月17日(日)、5月8日(日)14:00~15:00
※各回開始10分前に企画展示室入口前へお越しください。
場所 企画展示室
対象 どなたでも(内容は中学生以上向け)
定員 各回先着20名程度
参加費 無料(要本展観覧券)
ワークショップ 「あつまれ!テクテク調査隊!」 *事前申込制

「なぜ?」「どうやって?」展覧会には「?」がいっぱい。そんなギモンに挑む調査隊員を募集します。展覧会をじっくりみて、展示室に潜む「?」をみつけたら当館エデュケーターと調査に踏み出そう!みんなの力を合わせれば「?」も「!」に変わるはず!

日時 5月21日(土)13:30~15:30
場所 企画展示室
対象 小学3~6年生
定員 10名程度
参加費 無料
申込締切 5月8日(日)
申込方法 長崎県美術館ウェブサイト「各種申込」の申し込みフォームからお申し込みください。
申込フォームはこちら>>
テクテクラボラトリー

出品作家を講師に迎えた美術の実験室「テクテクラボラトリー(テクラボ)」を開室します! ここでの実験とは「やってみてたしかめること」。「技法」や「画材」、そして作家が作品をつくるときの「思考」をテーマに、みる・きくだけではわからない美術のおもしろさをテクラボで実験してみよう!

場所|アトリエほか

テクテクラボラトリー技法編「デコボコプリント カラフルハンガ」 *事前申込制

銅版画の刷り技法の一つ「一版多色刷り」に挑戦します。版の凸凹にそれぞれ違う色のインクを詰めたり乗せたりして、カラフルな版画を刷り上げよう!

日時 4月29日(金・祝)、4月30日(土)①10:30~11:30 ②13:30~14:30
講師 池田俊彦(銅版画家/南島原市アートビレッジ・シラキノ エデュケーター)
対象 どなたでも(小学生未満は保護者同伴)
定員 各回15名
参加費 100円(要本展観覧券)
申込締切 4月10日(日)
申込方法 長崎県美術館ウェブサイト「各種申込」の申し込みフォームからお申し込みください。
申込フォームはこちら>>
テクテクラボラトリー画材編「自分だけの黒」 *事前申込制

岩や土などからつくられる日本画の絵具は、同じ色でも種類によって色味や質感に違いがあり、作家が手を加えてイメージにぴったりな色を生み出すこともあります。いろんな黒をつくって、自分だけの「黒」をみつけよう!

日時 5月15日(日)13:30~15:30
講師 牧野一穗(日本画家/長崎大学准教授)
対象 小学5年生~中学3年生
定員 15名
参加費 500円
申込締切 5月8日(日) ※締切日を延長します。
申込方法 長崎県美術館ウェブサイト「各種申込」の申し込みフォームからお申し込みください。
申込フォームはこちら>>
テクテクラボラトリー思考編「ほぼ津上さん」 *事前申込制

スケッチをすること、見て描くことで、「風景」とは何かを探っている津上さん。日常の風景を新しい目で見つめ、観察することで発見し、描くことで記憶します。いつもより少し耳を澄ませて、自分の歩幅で、スケッチの旅に出かけましょう!
※屋外での活動を含みます。

日時 5月29日(日)13:30~16:30
講師 津上みゆき(画家)
対象 中学生以上
定員 10名
参加費 1,000円(要本展観覧券) ※スケッチブック・鉛筆つき
申込締切 5月8日(日) 
申込方法 長崎県美術館ウェブサイト「各種申込」の申し込みフォームからお申し込みください。
申込フォームはこちら>>
スペシャルトークイベント:テクテクテクネーの世界ができるまで

本展覧会において広報物をはじめ、展示室内外のあらゆるヴィジュアルイメージを手がけた古庄悠泰氏(景色デザイン室)をお招きし、本展の印象的なデザインがどのようにしてできあがっていったのか、その裏側を担当学芸員とともにたっぷりご紹介します。

協力|みらい長崎ココウォーク

日時 5月14日(土)11:00~12:00(受付10:30~)
登壇者 古庄悠泰(景色デザイン室代表)、稲葉友汰、松久保修平(長崎県美術館学芸員)
会場 みらい長崎ココウォーク 5Fイベントスペース
(長崎市茂里町1番55号)
定員 15名(その他立ち見可)
※先着順。当日受付。

基本情報

観覧料
一般800(600)円
大学生・70歳以上600(400)円
高校生以下無料

※( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は無料
※前売券の販売は4月8日(金)まで
※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可

前売券取扱い店

チケットぴあ(Pコード685-999)、ローソンチケット(Lコード84573)、セブンチケット(セブンーイレブン)、CNプレイガイド(ファミリーマート)、長崎県美術館
◎電子チケットは2月19日(土)より発売。長崎県美術館では2月23日(水)より発売。

こどもの日割引 | 5月3日(火・祝)~5日(木・祝)の3日間は、当日料金の半額で入場できます。

主催等
主催長崎県、長崎県美術館
後援長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、NHK長崎放送局、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎