長崎県美術館

企画展

ムーミンコミックス展

企画展概要

©Moomin Characters™
会期 2022年01月21日(金) ~ 2022年03月27日(日)
開館時間10:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日2022年1月24日(月)、2月14日(月)、28日(月)、3月14日(月)
会場長崎県美術館 企画展示室

日本初公開!マンガ原画やスケッチ、約280点を一堂に

ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914-2001)による漫画・ムーミンコミックスは、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年より20余年にわたり連載されました。主に、トーベが絵と台詞、弟のラルス(1926-2000)がネタ探しと英訳を担当し、1960年からはラルス一人で漫画を制作。コミックスの連載はムーミンの人気を決定的にしました。
本展はコミックスにスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画など、日本初公開となる280余点を通じて、楽しくも奥深いムーミンたちの豊かな世界の魅力を伝えます。

関連ホームページ

ムーミンコミックス展公式ウェブサイト

プロフィール
トーベ・ヤンソン(左)とラルス・ヤンソン(右) ©Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン(1914-2001)
フィンランドのヘルシンキに生まれ、15歳から芸術家としてのキャリアをスタート。絵画家、風刺画家、短編作家としても活躍します。1945年から25年間にわたって書きつづけた「ムーミン」の小説シリーズは世界各国で多くの読者に親しまれています。1954年、コミックスの連載を始めると、20か国以上で翻訳・出版され、ムーミンの人気を決定的なものにしました。

ラルス・ヤンソン(1926-2000)
トーベの末弟。15歳のときに冒険小説『トルトゥーガの宝』でデビュー。ムーミンコミックスの連載が始まると、トーべとともにマンガの制作や英訳に関わり、1960年から1975年は一人で連載を続けました。また、TVアニメ「楽しいムーミン一家」では、企画から制作にいたるまで、トーベとともに監修者として関わりました。

作品紹介

関連企画

特設ショップ

音声ガイド 600円

アニメ「ムーミン谷のなかまたち」(リトルミイ役)などでおなじみの声優、大谷育江さんがナビゲートします。


大谷育江 Otani Ikue

基本情報

観覧料
一般1,300(1,100)円
大学生・70歳以上1,100(900)円
高校生900(700)円
小中生500(300)円

※小学生未満は無料。
※( )内は前売または15名以上の団体割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額。
※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可。

前売券取扱い店

◇販売期間:12月15日(水)~2022年1月20日(木)
◇販売所:
チケットぴあ(Pコード685-890)
ローソンチケット(Lコード83265)
セブンチケット(セブン-イレブン)
CNプレイガイド(ファミリーマート)
長崎県美術館
KTNテレビ長崎

主催等
主催長崎県美術館、KTNテレビ長崎
特別協力ムーミンキャラクターズ社
協力ライツ・アンド・ブランズ、筑摩書房
コミックス翻訳冨原眞弓
アート・ディレクター大谷有紀
企画制作東映
後援フィンランド大使館、長崎県、長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、NHK長崎放送局、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎、長崎県書店商業組合