長崎県美術館

各種イベント

記念フォーラム「フリオ・ゴンサレス―その可能性の中心」

講演会

「スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス展」開催を記念し、2部構成のフォーラムを開催します。
第1部はゴンサレス研究の第一人者で現在作家のカタログレゾネを編纂中であるトマス・リョレンス(Tomàs Llorens)氏、ゴンサレスの著作権継承者にあたるフィリップ・グリマンジャー(Philippe Grimminger)氏の2名をお招きし、ゴンサレス作品が持つ今日的な意味、作品の継承・保存の経過等を語っていただきます。第2部は長年にわたり彫刻の世界を見続けて来た世田谷美術館長の酒井忠康氏と、自らも鉄の溶断、溶接により作品を制作する彫刻家・青木野枝氏をお招きし、日本側から見たゴンサレス作品の魅力と可能性についてお話いただく予定です。なお、本フォーラムはタカシマヤ文化基金の助成により開催されるものです。

【講師変更のお知らせ】
第2部の講師として世田谷美術館長の酒井忠康氏を予定しておりましたが、都合により変更することになりました。代理として当館学芸員の野中明が講師を務めることとなりましたのでお知らせいたします。

開催日 2015年06月07日(日)
第1部13:00~14:45(講師:トマス・リョレンス氏、フィリップ・グリマンジャー氏)
第2部15:00~16:00(講師:青木野枝氏、野中 明)
会場ホール
定員先着100名(当日12:30より受付 ※第1, 2部通しでご参加ください)
参加費無料
助成タカシマヤ文化基金